幸せ発見マイスター、武村昌章

このような質問を受けることがあります

アメリカでは多く利用されるコーチング

でも、日本ではまだまだ知る機会が少ないですね。

武村昌章が考えるコーチングとは

私は、スポーツのメンタルトレーニングをはじめ、コーチングの世界で有名な苫米地さんや、部活指導で日本で1になられた4人の先生から学び、それに氣功と氣功断食を加えた世界に比類なき魂との直結コーチングをしています。

コーチングの体系ができたのはアメリカです。スポーツの世界でコーチをつけた選手が結果を出したことが発端です。

これは、ビジネスの世界でも通用するのではないか?

ということで1950年代から本格的にマネジメントにも取り入れられるようになりました。

そして、やはりビジネスの世界でも通用するということで、最新の心理学の研究成果を更新し続けて、現在のコーチングの形が出来上がりました。

世界的に活躍したテニスのアンドレ・アガシ、『キング・オブ・ポップ』と称されるマイケル・ジャクソン、クリントン元大統領…など様々な分野で活躍した人物たちもコーチングを受けています。

コーチングが日本に入ってきたのは、1990年代の後半。

2016年の現在は、ビジネス、スポーツ、教育の分野…と、どんどん受容が高まってきています。

実は、コーチングという言葉がアメリカで使われ出した1950年代より、ずっと以前から中国では氣功師が、皇帝に仕えていました。

氣功師の役割は、皇帝の健康状態を整えることでした。

氣功は、健康法の1つということもありますが、心の状態を整えるのにも大きな効果を発揮します。

また、氣功師は天と繋がる存在として心、身体、だけではなく、見えない世界とのパイプ役としての役割も果たしていました。

氣功師は、現在でいうコーチを超える役割を果たしていたのです。

私は、メンタルトレーニング、コーチング、氣功と氣功断食を取り入れた独自のメソッドで、
あなたをサポートさせて頂きます。