魔法の言葉

クライアントさんから進捗状況を話してもらうと、話の中からクライアントさん自身がご自身に持たれてセルフイメージがわかります。

やることは、やっているんだけど、どうも最後の詰めが甘くなってしまうことがあって…

なぜかわからないけど、いつも時間に追われてしまい遅れてしまって…

相手に申し訳ないと思って自分をせめて…
でも、なぜかまた同じように遅れてしまって…

頭では、わかっているのに何故か同じ失敗を繰り返してしまう…

というのは、実はセルフイメージが関係しているんです。

人は、誰しも自分が自分自身に持っているセルフイメージというのがあり、そのイメージ通りの行動を取るようになっているんです。

なので、同じ失敗を繰り返してしまうというのは、ある意味では仕方がないことなんです。

でも、やっぱり同じ失敗は繰り返したくない。誰しも、そう思うはずです。

そんな時に、自分にかける言葉があります

それは

自分らしくない

です

失敗した自分は、自分らしくない

というと、失敗した自分というのは、本来の自分ではない、ということになります

うまくいくのが本来の自分、というセルフイメージにつながるのでセルフイメージが上がるんです

その後に、次はこうする

とうまくいくイメージを入れておくのです

そうすれば、失敗しながら、セルフイメージを上げることができます

これは、簡単ですが、かなり強力です

学校の先生をしていた時は、失敗した子に『何回同じ失敗を繰り返すんや』と怒っていました…

この言葉は、実はセルフイメージを下げてしまうのです

セルフイメージが下がると、失敗する自分が自分らしい状態になってしまいます

言葉の持つ力は偉大です

コーチングを学んでからは、言葉をすごく大切にするようになりました

教師をしていた最後のクラスに野球、サッカー、サーフィン、3人の全国レベルの子がいましたが

自分らしい
自分らしくない

この言葉を意識してかけていました

この言葉は魔法の言葉です

直接、コーチングをしたのは1人だけでしたが、身近な人の関わり方で人のセルフイメージを上げることは可能なんです

自分が失敗した時には
自分らしくない、と言い

人が失敗をした時には
○○さん、らしくないね

と言ってあげる

これだけで、セルフイメージは上がります

逆に、うまくいったときは
自分らしい

うまくいっている人には
○○さんらしい

この

らしい
らしくない

の言葉の持つ力は、ほんとうに強力です。

セルフイメージを簡単に上げる魔法の言葉ですので、ぜひ試してみてください

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

人の痛みが感じれるような人になれ…ほんまになったらこんな風に感じるんです

遠隔で人にエネルギーを送るようになって、何度目かのときに、目の前に人が居てると感じたことがありました。

えっ

ここに居てる…

???

遠く離れていたとしても、意識すれば人のエネルギーを感じられるようになったんです。

人のエネルギーを感じるようになってからは、どこに滞りがあるのか、どこに痛みがあるのかが、わかるようになっていきました。

自分の身体の中にも、相手の身体の中と同じような痛みや、滞りを感じるので、相手の滞りを流すと自分の中の感覚も流れた感覚になりました

人の痛みや症状を改善するのに、痛みや滞りを知るとピンポイントでエネルギーを送ることができるようになります。

しかし、同時に自分の中にも同じ状態ができるので、正直嬉しいものではありません。

ネエルギーの滞りの原因が物理的に骨の歪みなどでない場合、ほとんどが意識が関係しています。

エネルギーを滞らせるのは、マイナスの意識なんです。

恨みつらみ

許せない心が

エネルギーを滞らせ

痛みや症状となって現れてきます

だから、人の身体と同化して痛みや滞りを感じているときは、その人の意識にも触れることになります。

すると胸が苦しくなります…

辛い経験、体験をしてこられた思いに触れてしまうから…

僕は、エネルギーを送っている数分間だけ痛みや滞りを感じ、辛い想いを感じますが

ご本人さんは、それとずっと付き合っています。

僕が心から願うことが、

ゆるしてあげてほしい

ということです

自分のために…

少しずつでもいいので、ゆるすことができたら少しずつ楽になっていきます。

いっぱいゆるせたら、いっぱい楽になれます。

病気や痛みは、学びのサインです

学びきれば、必要なくなります。

必要なくなると、消えてなくなります。

1113

レーザービーム

レーザービーム

昨日、ある方にエネルギーを送らせていただきました。

その中で、またある発見がありました。

1人で送るよりも2人、2人よりも3人でエネルギーを伝言ゲームのように送るとエネルギーは凄いことになります。

昨日は、氣功師の植田さんから僕にエネルギーを送ってもらいました。そして僕が、そのエネルギーを刺さない鍼灸の中出先生に送りました。

中出先生がAさんにエネルギーを送ると、首のあたりで滞っていたエネルギーは一気に流れました。

首の滞りが視力に影響を与えて、何十年も悩んでおられていた方の滞りが消えました。

その流れたエネルギーは、目の奥あたりに行きましたが、そこもレーザービームのようにピンポイントで流してくれました。

やっぱり、プロはすごいなと感動しました。

エネルギーを送ることができる人は、いっぱい知っています。

それもかなりすごい人もいます。

でも、やはり役割があるんだぁと再認識させていただきました。

愛のエネルギーを与えて人を癒す人

光を与えて人は光だということを知ってもらう人

エネルギーを通して人の痛みを和らげる人

それぞれに役割があって、それぞれが大事なんだと改めて感じさせていただく機会になりました。

最後まで、お読みいただきありがとうございます。

氣功引き寄せ講座ってなんじゃ???

 

引き寄せの正体は感情

 

現実というは、感情が作っているんです

 

自己実現のスキルを使うときのポイントは感情なんです

 

思考が現実化できるのかどうかというのは、感情とリンクしているのかどうかで決まるんです

 

うれしい、楽しい、感謝している・・・など、感情にはさまざまな種類がありますが、ポジティブな感情の最高の状態が光の感情なんですね

 

氣功をすると、その光の感情になれるんです

 

 

 

身体の中の濁った氣が外に出され、きれいな氣が身体の中に取り込まれることによって、思考がクリアになり、心までスッキリして、感情が整理されます。

 

身体の中に良いエネルギーがみなぎると元氣になります。

 

この良い状態でイメージングを行うと引き寄せが起こるんです。しかも引き寄せの速度が速くなるんですね

 

氣功をしている時というのは、自然のエネルギーを直接身体の中に取り込んでいるので、自然と直通になっているんです。言い換えれば、天と直通になっているということなんですね

 

天と直通になっているときに、イメージングを行うと起こってくる現象が速いんです

 

夜の講座があった次の日の朝には引き寄せが起こっていたり、朝の講座が終わってすぐに引き寄せが起きたり・・・

 

実際に体験された方は、そのスピードの速さに驚かれていますが、その仕組みを知っていれば誰でもできますし、何回でも再現が可能です

 

 

現在、『氣功の引き寄せ講座』は、氣功師を限定にクローズのセミナーとして開催しています

 

その理由は、氣功師の方たちは氣の世界に親しんでいて氣道ができているので、氣を感じてもらいやすいのでエネルギーを受け取ってもらいやすいと判断していたからです

 

エネルギーを送らせてもらうと、色んな光の色が見えたり、幾何学模様が現れたり、もっと面白いものを見る方もいらっしゃいます。もちろん、見えない方も、感じない方もいらっしゃいます。(どちらが良いとか、悪いという訳ではありません)

 

病気の方をはじめ、けがをされている方や氣功に興味を持っていらっしゃる方など、氣功をしていない方にエネルギーを送らせていただく機会も多いです

 

エネルギーを送らせてもらった相手からもらう感想で、一番多いのが、

 

なんか体がポカポカして気持ちよかった~

 

というものです

 

 

幸せそうな顔を見ていると、自分までとっても幸せな気持ちになりますし

 

普段、氣功をしていない方にも氣の世界に触れてもらえてエネルギーを感じてもらえることはとっても嬉しいです

 

これまでに、氣功をされていなかった方でも、氣道があり、氣感が良い方もいらっしゃいますので、氣功引き寄せ講座は、近々オープン講座にしてより多くの方に氣功の引き寄せ講座を体験していただけるようにしていきますので、お楽しみに!

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。